News  Releases
AA
通常生産に回復 フル稼働を維持
13-03-2020

新型コロナウイルスが世界中で依然として猛威を振るっている中、KFMIは感染防止対策を取りながら通常生産へと回復し、現在フル稼働を維持して納期遅延することなくお客様に製品を届けています。


浙江省に所在する本社工場は2月10日から稼働を再開しましたが、交通規制や外出規制の影響で従業員が帰省先から戻れなくなったり、本社に戻る際に湖北省を通過したため2週間の自宅待機を余儀なくされたりと、当初の出社率は7割程度に留まっていました。また、物流業界も人員不足や交通規制、海外向け航空便数の減少等により、中国国内外のお客様の希望納期に対応出来ないのではないかと懸念されていました。


かかる状況の中で社員全員が一丸となって対策を講じてきました。地元衛生当局の指導の元、従業員の出勤前後の体温測定や消毒を実施している他、食堂では従業員同士の接触を避けるため、1つのテーブルには1人で座る等、しっかりとした感染防止対策を取ってきました。


また、臨時的に柔軟に対応出来るシフトを組んで生産に臨み、自社トラックを最大限に活用し、物流業者が抱えている問題をできるだけサポートすることで、国内外向けの貨物はほぼ遅延無く納期対応ができ、お客様からも称賛の言葉を多く頂きました。


現在、従業員の出勤率は95%を超えフル稼働となり、物流事情も改善されているため、通常時の生産体制で顧客オーダーに対応しています。この取り組みが社会的に評価され、中国の人民日報やCCTV等、多くのメディアにも紹介されました。


「一人の感染者も出さずに、困難を突破して顧客の希望納期に対応する」との方針の元、KFMIはこれからも納期遵守を果たせるように努力していきます。