News  Releases
AA
「一帯一路」戦略の好機を掴み、「中国製造」の新たな時代に光芒を放つ ―江豊電子の海外戦略~マレーシア工場設立
13-02-2019

江豊電子は、合肥江豊電子への工場設備導入?立ち上げの成功に続き、更なる中国製造の力量を海外にも展開する布石として、江豊電子材料(マレーシア)有限公司(以下、江豊マレーシアとする)を設立し、太陽電池製造用スパッタリングターゲット(アルミ/銅/タングステン合金)の生産ライン設備導入および立ち上げを順次完了致しました。

中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の実践により、堅実な国際化発展の道が拓かれます。東南アジア諸国連合の一員であるマレーシアは、地理上の優位性を持ち、優れた工業と経済基盤を合わせ持っています。近年、マレーシアは半導体製造及び太陽電池製造市場で力を発揮しており、また世界的な太陽電池の需要増に伴う太陽電池生産拠点のマレーシア移転の動向から、将来的にマレーシアは太陽電池生産分野で更なる市場シェアを占めると有望視されています。

この度の江豊マレーシア設立は、江豊電子の海外戦略の新たな一歩となります。江豊電子は電子材料業界で国際市場をリードし、中国製造の力量を発揮していくために、「一帯一路」戦略的構想の下、?中国製造2025?、?国家集積回路産業発展推進概要?等の国家重要戦略とも歩調を合わせ、グローバルな生産?営業?サービスの体系を積極的に構築し、海外戦略を加速していきます。

マレーシア江豊の設立は、海外のお客様に対するより良いサービス、専門的?効率的な技術サポートなど、江豊電子の将来発展の方向性に対して大きな意義を持ちます。江豊電子は世界市場における総合的競争力を高めるとともに、市場シェア開拓に努め、「中国製造」の新たな時代に光芒を放ちます。